ジョギング、ランニングにオススメのイヤホン、Anker SoundBuds Curve。防水、連続12.5時間再生とマラソンにピッタリ。

Amazonプライムデーでマラソン練習用のイヤホン、anker soundbuds curveを購入しました。2年前に購入したイヤホンと同価格程度ですが、明らかに音質も良く、マラソン練習に適している仕様に満足しています。実際にマラソン練習に使用してみたanker soundbuds curveのレビューです。

Anker SoundBuds Curveとは

AnkerはGoogle出身の若者達が2011年に設立したハードウェア・ブランドです。優れた機能性、品質はもちろん、デザイン性が支持され、設立してわずか7年で、人気あるブランドとなっています。Anker SoundBuds Curve

Anker SoundBuds CurveはAnkerの魅力が詰まったイヤホン。使用して日は浅いですが、完全にAnkerファンとなってしまいました。

3,000円ちょっとでコスパが良い

Anker SoundBuds Curveは機能性、サウンドはもちろんデザイン性もバッチリ。専用のポーチまで付いています。それで価格は3,000円ちょっと。抜群にコスパが良いです。

自分はAmazonプライムデーで2.499円で購入しました。プライムデーはたくさんのイヤホンが格安で購入できるので、狙っている人は要チェックです。

サウンドがパワフルで高音質

ワイヤレスオーディオの音質を向上するQualcomm® aptX™ audioを採用していますので、サウンドはパワフルで高音質。実際に前に利用していたイヤホンと聴き比べましたが、低音はパワフルに高音の細やかなサウンドもしっかり聴こえます。

大音量でなくとも満足できるサウンドなので、外音も聞こえる音量で好きな曲を楽しみながら走れます。ジョギング、ランニング中に外音が聞こえることは絶対に必要なことです。

Bluetoothなのでケーブルが煩わしくない

Anker SoundBuds Curve2

今やイヤホンの常識ですが、Bluetoothなのでケーブルがありません。ランニングしていると、ケーブルは本当に煩わしいです。一度Bluetoothを利用すると戻ることができません。Bluetooth規格は4.1です。

23gと軽いので付けている感覚がない

付けている感覚が強すぎると、走りに集中することができません。Anker SoundBuds Curveは23gと軽量。柔らかくて丈夫なTPUを素材として採用しているので、フィット感もバッチリで付けている感覚がほとんどありません。また、イヤーチップの種類も大中小と豊富なので自分にピッタリのフィット感が必ず見つかります。

Anker SoundBuds Curve3

防水なので雨や雪でも使用可能

Anker SoundBuds Curveは水の噴射を直接浴びても機器本体に影響がない防水規格のIPX5。マラソン大会は雨天決行ですし、練習時に突然雨や雪が降ることもあります。IPX5なら故障を気にせず使用できます。もちろん、音質が落ちることもありません。

音楽が連続12.5時間再生可能

フル充電で音楽が連続12.5時間再生可能です。1日約1時間ランニングするとして、2週間に一度の充電で十分です。12.5時間はフルマラソン時はもちろん、100kmのウルトラマラソンにも耐えられる連続再生時間です。

約1.5時間でフル充電できる

見逃せないのが約1.5時間でフル充電できること。フルマラソンの大会前に充電を忘れていても、1時間あれば5時間程度は再生可能です。

自分はうっかり充電を忘れることが多かったので、連続12.5時間再生と約1.5時間でフル充電は大きな魅力です。

練習、大会に大活躍するイヤホン

Anker SoundBuds Curveはマラソンの練習、大会に大活躍するイヤホンです。ランニングなどの運動以外に普段使いでもデザイン性があるので、違和感はありません。Bluetoothのペアリングも簡単なので初ワイヤレンスイヤホンにもオススメできます。来年のプライムデーを待たずに購入を検討してみては。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク