ローカル感たっぷりでアットホームな信夫の里健康マラソン大会。給水なしで10kmを完走してみよう。

自分が出場したなかで最もローカル感があったのが、信夫の里健康マラソン大会。福島市大森に住んでいるので、ほぼ地元なのもローカル感がある大きな要因です。アットホームで居心地の良い大会で、参加料も2,500円なので気軽に出場できます。福島市でジョギング、ランニングしている人に第一にオススメしたいローカルマラソン大会です。

信夫の里健康マラソン大会の概要

  • 日時:毎年10月後半
  • 会場:福島県福島市立信夫中学校グラウンド
  • 種目:10km・5km・3km・2km・親子2km
  • 参加料:10km・5km:2,500円 3km・2km(小学生):1,500円 親子(2km):2,500円
  • 参加賞:あり

出場したからわかる大会の特徴

ローカル感たっぷりでアットホーム

会場が自宅から自動車で5分。自分にとって最も身近な大会が信夫の里健康マラソン大会。まだ1度しか出場していないのですが、今後は毎年出場したい大会です。ローカル感たっぷりでアットホームなところがたまりません。

実は子供が小学生になったら、親子マラソンで出場する予定です。出場者は少ない分、入賞する可能性も高いです。親子で頑張って、6位以内になれたらと淡い期待を抱いています。

地元の道を走る楽しさを感じる大会

地元の道路を快適に走ることができるのも大きな魅力。普段ジョギング、ランニングで走っている道路も大会になると景色が違います。

適度にアップダウンがあるコース

コースは適度にアップダウンがあります。難コースではないので、無理をせずに走れば完走するのは難しくありません。出場者は常連が多いようなので、自分のペースと同じくらいの出場者に合わせて走っていくのもいい作戦です。

10kmでも給水所がない

自分が出場した時には10kmのコースでも給水所はありませんでした。給水所がなくても10kmは走れる距離ですが、スタート前にしっかり水分補給しておきましょう。

10月は日差しが強く、気温が高い日もあります。そんな時は350mlのペットボトルを携帯する必要があります。無理をしないようにしましょう。

ストップウォッチで計測

マラソン大会はランナーズチップやタグでタイムを計測しますが、信夫の里健康マラソン大会は昔ながらのストップウォッチ計測。昔のマラソン大会を感じられ、個人的には好きです。

信夫の里健康マラソン大会10km攻略、自分の目標に向かって走ること

1度しか出場していないので、コースを完全に覚えていないので、攻略というよりは信夫の里健康マラソン大会のコースの感想についてです。

沿道の応援はほとんどなし、自分との闘い

スタート、ゴール時のアットホームな応援があり、頑張ろうと思えます。ローカルな大会なので沿道の応援はほとんどありません。故にシンプルに自分との闘いです。コースを集中してひた走りましょう。

45分、50分切りなど目標に向かって走る

スタート時に混んだりしませんので、純粋な記録を狙うことができます。45分、50分切りなどの目標に向かって走った方がモチベーションがあがるので、オススメです。

給水所がないので事前の水分補給をしっかり

10kmでも給水所がないので、スタート前に水分補給はしっかりしておきましょう。コースにトイレはありません。こちらもスタート前に済ませておきましょう。

ゴール後はボランティアスタッフから冷水をいただけます。スポーツドリンクよりも遥かにうまいのが不思議です。

高校生や速いランナーのペースに付いていかないこと

ローカルな大会ですが、高校の陸上部の生徒や常連の速いランナーも出場しています。出場者が少ないので、スタート時差を付けられると、自分が遅いと焦ってしまいがちですが、気にせずに自分のペースを守って走りましょう。

適度なアップダウンを上手に走る

会場の信夫中をスタートして、小堀内停留所前を折返すコース。適度なアップダウンがありますので、折り返しまでは無理せず走りましょう。後半にペースアップするぐらいがちょうどいいです。

GPS時計でペースを把握しゴールを目指す

自分が何キロ地点を走っているのかわからなくなるので、GPS時計が便利です。自分のペースも把握できるので、信夫の里健康マラソン大会に出場するのをきっかけに購入するのもいいかもしれません。

ローカルな大会は一度出場すると癖になる

自分的には信夫の里健康マラソン大会のようなローカルでアットホームな雰囲気は大好きです。地元愛すら感じます。福島市にもローカルな大会はたくさんあるのですから、あなたの地元にもたくさんあるはず。ローカルな大会は一度出場すると癖になります。ぜひ、その世界に飛び込んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク